News 新着情報

2022.12.01

皮膚科で使える韓国語!

여러분 안녕하세요?
こんにちは。シナブロ・ハングルアカデミーです。

自由に日本⇔韓国を渡航できるようになり、
多くの方々が日韓を行き来して旅行をしていますね(*'ω'*)
最近は名古屋でも韓国人の方を見かけるようになりました!
私の周りの友人たちも韓国旅行に行った人がほんとに増えました✨

そこで韓国の皮膚科や美容クリニックで皮膚管理をしてみたいな!
という方も多いと思います( *´艸`)

今回はそこで使用する主な単語を紹介してみたいと思います。

「皮膚科」:「피부과(ピブックァ)」、「肌」:「피부(ピブ)」、

あと肌の悩みの用語をいくつかピックアップします!
「にきび」:「여드름(ヨドゥルム)」、「シワ」:「주름(チュルム)」、
「ほうれい線」:「팔자주름(パルチャジュルム)」、「毛穴」:「모공(モゴン)」、
「シミ」:「기미(キミ)」、「老人性のしみ」:「검버섯(コムポソッ)」「ホクロ」:「점(チョム)」

ここからは「肌質」:「피부타입(ピブタイッ)」について。
「乾燥肌」:「건성 피부(コンソンピブ)」、「脂性肌」:「지성 피부(チソンピブ)」、
「混合肌」:「복합성 피부(ポッカプソンピブ)」、「敏感肌」:「민감성 피부ミンガムソンピブ)」
「目のくま」:「다크써클(ダクソクル)」、「日焼けやほてりによる肌の老化」:「열노화(ヨルノファ)」

いくつかピックアップしてみましたがこんなところでしょうか。

「ほくろを取りました」は「점을 뺐어요」
「韓国の皮膚科でシミを取りたいです」は「한국 피부과에서 기미를 빼고 싶어요.」となります( *´艸`)

韓国の皮膚科は大きいところや有名なところだと、日本語の通訳さんも在籍していたりします。
医療の治療なので、そこはやはりプロにお任せするのが一番です。
しかし通訳さんが自分の悩みや気になる症状をドクターに伝えて、ドクターの言葉を自分の耳で韓国語で
聞き取ることができたらやっぱり少し安心だし嬉しいですよね。
私もぜひ韓国に行ったら皮膚科で皮膚管理をしてみたいと思っています☺

- CafeLog -